お金の借り入れが増えた事による苦痛

7月 11th, 2014

お金を借りたことによってピンチを救うことができることもあります。
ところがいくつもの借り入れ先を増やしてしまうことによって逆に新しいピンチを招くこととなってしまいます。
救われるはずの借り入れが救われない状況になったとすればどうでしょうか。
まず冷静になって考えなければならないのは返済をしていくための方法です。
現在の借り入れは何を苦しめているのでしょうか。
毎月何度も訪れる返済日は、その時にいくらの返済額を用意すればいいのかも把握できていないのではないでしょうか。
返済をすることによって元金が減りますので返済額も変動していきます。
半年前までは2万円だった返済額も今では1万8千円くらいにはなっているかもしれません。
返済額の内すべてが元金に充当されるわけでもありませんので毎回支払っている利息は違います。
返済額のなかでどのくらいの利息を支払っているのか、全ての借り入れ先のものを把握できているでしょうか。
毎月の返済日も把握できていないことすらあります。
返済が困難なのではなく管理しきれていないのが現状ということはあるのではないでしょうか。
そこで考えたいのは借金をまとめるという方法です。
おまとめや一本化、借り換えとも呼ばれていますが、借金を一つにまとめることで返済を管理できる状況に変えることができます。
これまで返済が困難と思われていた状況が、元金が減るわけではありませんがそれでも返済がしやすい状況になります。